お気楽一家ののん気な日常 rm1015.exblog.jp←映画好きな方へ。別館です。よろぴく。


by mie_rui
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2月6日、長くて短い1日

朝4時40分くらい(推定)、電話が鳴った。

覚悟してた電話の音。

でも寝てたからすんなり入ってきた。
「あ、はい・・・わかりました。。。すぐ行きます」
こんな感じで受け答えしたと思われ。

前の晩は、「明日は11時出勤や~」と思いながら、「でも学校あるし、やっぱり7時おきやな~」
なのに2時回ってた。

寝て2時間半(推定)

眠い。だけどすぐ目が覚めた。

電話の内容は、予測してたもの。
「いつ電話するかわかりませんので、そのおつもりを・・・」
「夜中なら、携帯じゃなく家の電話にしてください」と母。

そのとおり、家の電話が鳴る・・・

夜中の電話ほど、嫌なもんはないなぁ・・・・

あわてて母に告げる。
母は、早朝の掃除の仕事をしているので、もう起きていた。

「来た!!!」

すぐに出かけたけど、もう遅かった。
「そうなってから」電話をかけたらしい・・・。

親戚中に電話する。

みんなすぐ飛んで来た。


みんな覚悟してたので、落ち着いてはいる。

これからが忙しい。
いろんなところに連絡。
日取りとか決めないと・・・・

朝7時半になるのを待って同僚に電話。
店長は8時半過ぎないと出勤しないので、まだ待つ。
とりあえず2~3日は休まないと・・・・。

従兄弟とかもやってきた。
みんな金曜日なので、急に休みを取って大変だ・・・。

そして日取りが決まる。

「日曜日は友引なので、今日明日に済ませよう」ということに決定。

朝でその夜、という「せわしない」状況やけど、それで落ち着く。

一旦帰って町内に連絡。
あちこちいろいろ大変ですな。。。


おばあちゃんは満年齢97歳。
ほとんど老衰に近いものでした。

明治、大正、昭和、平成。
長生きしてくれてありがとう。

おばあちゃんの姉さん(8月で100歳)には、おばあちゃんの分も長生きしてもらおうね。
[PR]
by mie_rui | 2009-02-13 23:52 | つぶやいてみた